【スポンサーリンク】

マーベル好きにはたまらない!秋葉原ツアー!

【スポンサーリンク】

f:id:labra0403doll:20170808140135j:plain

デッドプールの大好物「チミチャンガ」が食べられる!国内でもっとも品ぞろえ豊富なマーベルコミックショップがある!それが、秋葉原。

本日はマーベルファンにはたまらない街、秋葉原をツアー形式でご紹介いたしますよ!!

「こんな暑い中で歩いてられないよー」なんてインドア派の方もご安心。

秋葉原にはメイドカフェも普通のカフェもたくさんあり、休憩するところには困りません。

全て秋葉原駅から徒歩で完結する範囲内にあるので観光でいらした方にも楽しんでいただけますよ♡

スケジュールの確認

本日は、お昼前に秋葉原駅到着後「ブレイズ」へチミチャンガを食しに参ります。

その後は腹ごなしに秋葉原の電気街やゲームセンターでオタク文化に触れながら駅前にある「ブリスター」でマーベルの知識を増やして帰りましょう!

※所要時間は1.5時間~

秋葉原駅に到着!

JR秋葉原駅に到着したら「電気街口」を通って外へ。

f:id:labra0403doll:20170807155041p:plain

駅の外に出たら左手に「セガ」が見えるのでそれ目がけて大通りに出てみましょう。

f:id:labra0403doll:20170807155341p:plain

途中左手に電気街の何相応しい、素人目には何なのか検討もつかないような精密機器や防犯カメラなどが売られている商店街があります。

お時間がある方はぜひ。秋葉原のディープな世界が堪能できます。

大通りに出たら右手に曲がります。

景色はこんな感じ。

f:id:labra0403doll:20170807160359p:plain

この大通りをひたすら歩きます。

いよいよ到着!

蔵前通り交差点「外神田五丁目」まで来たら左折、4つ目のブロックにタコス専門店「ブレイズ」が!

f:id:labra0403doll:20170807161536j:plain

一見入りにくい雰囲気ですが、意を決して入店。

メニューが手書きだったり手狭なイートインが絶妙です。

もちろん「チミチャンガ」を注文!

チミチャンガには「ミート」と「バナナ&パイナップル」の2種類があります。

伺った時は男性が1人で接客から調理までをしていて、料理を待つお客さんが3人。(この時点でほぼ満席状態)

店内のデッドプールポスターを見つめながらひたすら待ちます。

f:id:labra0403doll:20170807162037j:plain

いやー、それが思ったほどデップーデップーしておらずむしろアキバ系の美少女アニメグッズやポスターがあふれていました。

おまけ程度に貼られたデップーポスター…(泣)

ちなみに、ネットでブレイズのチミチャンガ提供時間が13時~とする情報がありますが、店員さんに確認したところ現在そのような決まりはないとのことでした。

これは朗報!

f:id:labra0403doll:20170807162350j:plain

私が注文した「ミートチミチャンガ ¥850」がテーブルにやってくるまで10分前後待ちました。

急いでいる場合は要注意ですね。

これがあの、チミチャンガ!

f:id:labra0403doll:20170807163411j:plain

横幅15cmはあろうかというブリトーがデデーンと揚げられていています!

ネットで「チミチャンガとは」的な検索をすると"ブリトーを揚げたもの"と出てくるのですが、ここのチミチャンガはひき肉・たっぷりのチーズ・炒めた玉ねぎがサクサクのパイ生地に包まれて登場します。

では、真ん中から切ってみましょう…。

f:id:labra0403doll:20170807164024j:plain

とろけ出てくるチーズ、大量のひき肉…(''ω'')♡

上にかかっているのはケチャップとマヨネーズ、かと思いきやチリソースと謎の白いソースでした。サワークリームでもマヨネーズでもなかったような…?

f:id:labra0403doll:20170807164406j:plain

あぁぁぁぁぁ、おいしい…♡

中身の重さにも関わらずパクパクいける不思議な食べ物「チミチャンガ」。

サイドディッシュとしてトルティーヤとチリビーンズを追加注文しようと思いましたがひとまず今日はチミチャンガ♡だけを味わうため、我慢しました。

お、おなかがいっぱい…。

あとからきます!

胃からずっしり消化中のサインが送られてきましたよ!(笑)

チミチャンガ単品だと出てきたとき「これだけで大丈夫かな?」と思われるかもしれませんが、きっと大丈夫です。

サイズ感と中身の重量が比例していない不思議な食べ物「チミチャンガ」。

お腹がいっぱいになったところで、運動です!

このまま寝たら牛になっちゃいますよ!!

f:id:labra0403doll:20170807165717j:plain

 国内でマーベルコミックスを買うとなったらここ!

そしてブレイズから中央通りに戻り歩くこと、ドン・キホーテの前まで。

そしてこの角を左折します。

f:id:labra0403doll:20170807175716p:plain

つきあたりのアキバ・イチまでやってきたら右折。

f:id:labra0403doll:20170807175953p:plain

そうすると右手に見えてきました!「ブリスター」です。

f:id:labra0403doll:20170807180131p:plain

お店の前に立ってみる。

f:id:labra0403doll:20170807180208j:plain

開店10分前の様子…。

開店前ですからシャッター半開きです。はい。

こちらも少し入りにくい雰囲気ですが、入り口ではお手製の看板が出迎えてくれます。

f:id:labra0403doll:20170807180459j:plain

狭い階段を3階まで登ったら…おぉぉぉぉ!所狭しと並べられたコミックが!

日本語訳がついたものもありますし、原文のままのものもあり本物感が漂います…。

伺った時にはスパイダーマンとワンダーウーマンのコミックやブックが特集されていました。

グッズも多くはないものの、並べられていましたよ。

最後に

今日のルートはこんな感じでした。

f:id:labra0403doll:20170807180943p:plain

(秋葉原駅からチミチャンガの「ブレイズ」まで)

f:id:labra0403doll:20170807181032p:plain

(「ブレイズ」からアメコミ豊富な「ブリスター」まで)

この道すがらに休憩できるカフェやファーストフードがたくさんあるので歩くのに疲れたら休憩を。

何をメインに売っているんだかよくわからない雑貨屋さんなど、ブラブラするだけで楽しい街、秋葉原。

マーベルスポットも隠れていますので行かれた際はぜひお立ち寄りくださいね。

番外編

秋葉原のゲームセンターのUFOキャッチャーにマーベルのフィギュアはないかと血眼になって探したんですが、あってもスパイダーマンだけ。

(過去記事:スパイダーマンのフィギュアがUFOキャッチャーに登場 - MARVEL.mcu)

秋葉原というとゲームセンターがたくさんあって、だから取り扱っているプライズも幅広いのかと思いきや…美少女・美少女・美少女の嵐

いや、これには落胆でした。

っていうか当たり前??

秋葉原の需要と供給を思い知らされたのでした…。