【スポンサーリンク】

【スパイダーマン:ホームカミングの前におさらい!】アメイジング・スパイダーマン ネタバレ・感想

【スポンサーリンク】

f:id:labra0403doll:20170404203113j:plain

「スパイダーマン:ホームカミング」の前にスパイダーマンシリーズを復習!

<アメイジング>シリーズではスパイダーマンをアンドリュー・ガーフィールドが、グウェン・ステーシーを「ラ・ラ・ランド」で一躍有名になったエマ・ストーンが演じています。今作ヴィランはコナーズ博士ことリザードです。

〇ピーター幼き頃

両親があわてたように研究データを家から持ち出し、ピーターを彼の叔父に預け去っていきます。

最期に「いい子にしているんだぞ」とだけ言うと、父親は母親とともにどこかへ行ってしまいます…。

f:id:labra0403doll:20170404203721p:plain

 

〇現在

ピーターは高校生に。

校内ではフラッシュが弱い者イジメをしていてやめさせようとするピーターですが、逆に殴られてしまいます。

間に入ってフラッシュをとめたのはグウェン・ステーシー。(彼女の父親はNY市警の警部)

次の授業でグウェンはピーターに「あなたは勇敢だった」と話しかけます。

f:id:labra0403doll:20170404204800p:plain

 

〇ピーターの家

帰宅するとベンおじさんが地下の倉庫でゴソゴソしています。

それを見に行ったピーターはたまたま自分の両親が残していったカバンを見つけ中身を取り出します。

そこには”崩壊率の数式”と書かれ謎のマークがついた研究の資料のようなものと、同僚(カート・コナーズ博士)ととったと思われる写真、父のオズコープ社の社員証がありました。

f:id:labra0403doll:20170404204822p:plain

(ピーターは両親譲りの才能により機械いじりが得意のようで、自分の部屋のオートロックを自作しています)

両親について調べると2人が飛行機事故で亡くなったことを知ります。

そして父と写真に納まっているコナーズ博士に会いに、ピーターはインターン生にまじりオズコープ社に潜り込むのでした。

 

〇オズコープ社

インターン生を案内するのはグウェンです。

グウェンがいることを知らなかったピーターはあわてて顔を隠しながら集団についていきます。

コナーズ博士は異種間遺伝子交配の研究をしており、自らの右腕の再生を試みるオズコープ社の研究者です。

f:id:labra0403doll:20170404205314p:plain

見学の最中、両親が残した資料にあったマークと同じマークのフォルダーを抱えた男とぶつかるピーター。

その男を追いかけ立ち入り制限エリアに入るとそこには大量のクモが…。

あやまってボタンに触れてしまい大量のクモにまとわりつかれてしまいます。

そうしてうろちょろしているところをグウェンに見つかり会社から追い出された直後、首筋に残っていた一匹のクモに咬まれるピーター。

 

その夜、コナーズ博士がノーマン・オズボーンの側近から研究の成功を急かされています。

”崩壊率の数式”が完成しないと答える博士に「オズボーン氏は待てないんだから早くしろ」と言い去っていきます。

(ノーマン・オズボーンってグリーンゴブリンの人ですよね。アメイジング・スパイダーマンでは病床に臥せってあとわずかな命のようですが続編で出てくるんでしょうか。)

 

〇オズボーン社からの帰り道

地下鉄に乗ったピーターは自分がおかしいことに気づきます。

手の粘着力や運動能力がすごいことに…。

 

〇ピーターの家

家でも歯磨き粉をちょっと握っただけで全部噴射してしまったり、物を壊してしまったりと"能力"をはっきりと感じたピーターはクモに咬まれたせいだと考え、コナーズ博士の自宅へ行きます。

 

〇コナーズ博士の家

学校の休み時間にクモのことを尋ねようと博士の自宅に押しかけますが、研究所で話そうというコナーズ博士に自分がパーカーの息子であることを告げます。

ピーターに興味を持ったコナーズ博士は君の両親が亡くなってから連絡の1つもよこさないですまなかったと謝罪し、彼らが大事な研究データを持って姿を消したことに怒っていたんだと釈明します。

ピーターは父親を知る人に会えたことが嬉しく、博士の求める”崩壊率の数式”を教えてあげます。(ピーターがつくったようです。天才)

それを見て「放課後に研究室へ来ないか」と誘うコナーズ博士。

 

〇学校

弱い者いじめをしていたフラッシュにバスケで仕返しするピーターでしたが、高すぎる運動能力のせいでゴールを壊してしまいます。

学校に呼び出されたベンおじさんに、"仕返し”したことを咎められるピーター。

おじさんに「今日は仕事が終わったメイの迎えはお前が行くように」と言われ2人は分かれます。

 

〇オズコープ社

放課後コナーズ博士に言われた通り研究室へやってきたピーター。

”崩壊率の数式”を元に実験し、遂にトカゲの再生力をネズミに用いることに成功した2人!

できた生物剤をネズミに投与します。

しかし実験中にベンおじさんから着信が…。ピーターは実験に夢中でその電話を無視してしまいます。

f:id:labra0403doll:20170404211627p:plain

 

〇ピーターの家、夜

ベンおじさんが怒って待っています。

ピーターはメイおばさんの仕事場まで迎えに行く約束もすっぽかしていたのです。

逆切れしてピーターは家を出、探しに行くベンおじさん。

 

ピーターが通りの店で飲み物を買おうとしたとき、たまたまレジから金を盗む男の姿を見ます。

しかしピーターはその店の店員と少しモメてしまったので「その男を捕まえてくれ!」と言われても知らんふり。

追いかける店員にあせった男は逃走しようとし、そこへ居合わせたベンおじさんが男を捕まえようとしますが…発砲され死んでしまいます。

 

自分のせいでベンおじさんが死んでしまい落ち込むピーター。

彼は警察無線を傍受して犯人と似た風貌の犯罪者を片っ端からクモ糸で捕まえ警察に渡していきますが、真犯人は見つからず警察からは目をつけられてしまいます。

f:id:labra0403doll:20170404214118p:plain

顔を見られないようコスチュームをつくったので、ステーシー警部から「レオタード野郎」なんて呼ばれています。

 

〇オズコープ社

コナーズ博士がノーマン・オズボーン氏の側近からネズミに注射した生物剤で人体実験をするよう迫られますが断ると、クビにされ作った生物剤をいくつか持って行かれてしまいます。

f:id:labra0403doll:20170404214144p:plain

追い詰められた博士は…残った生物剤を使って自分を実験台にします。

新しい右腕が生えてきて喜ぶ博士ですがすぐに異変が起き、生物剤の使用をやめるよう伝えるためオズコープ社を出た側近をタクシーで追いかけます…。

 

〇グウェンの家

グウェンに自宅の夕食に招かれたピーターはステーシー警部とスパイダーマンの存在について口論になります。

グウェンが2人を引き離しピーターと屋上に上がりますが、その時ピーターは自分がスパイダーマンであることを告白するのでした。

 

〇橋の上

タクシーの中でトカゲの姿になってしまった博士が理性を失い暴れています。

聞きつけたピーターはスパイダーマンとして、とある父子を助けます。

活躍したピーターですが自警団気取りのスパイダーマンをよく思わない警察はスパイダーマンに逮捕状を出します。

 

〇オズコープ社

ピーターはコナーズ博士の研究室をたずねますが誰もおらず静まり返っています。

トカゲが実はコナーズ博士なのではないかと考えるピーターは、そこへやってきた博士に爬虫類への対処方法を尋ねるもつれない態度の博士はすぐに荷物を持って出て行ってしまいます。(当たり前か、自分がトカゲなんだから)

ふと実験室の物音に気付いたピーターが音のした方を見てみると…生物剤を投与されたハツカネズミがトカゲのような長い舌になっており、狂暴化していました!

トカゲが博士だと確信するピーター。

f:id:labra0403doll:20170404214948p:plain

 

〇NY市警

ピーターはステーシー警部にトカゲの正体はコナーズ博士であることを伝えますが、ロクに相手にしてもらえません。(一応コナーズ博士について調べてるけど)

 

デイリー・ビューグル社がトカゲの目撃情報に懸賞金を賭ける事態に…。

(デイリー・ビューグル社はUSJのアトラクションでおなじみの新聞社ですね!)

 

〇地下水路

コナーズ博士を追いかけるピーターは大量のトカゲが下水道に入っていくのを見つけ、自身も潜り込みます。

コナーズ博士は地下で実験を続けていました。

実験の様子を映像に取ろうとしてますが、大量の生物剤を投与したためすぐトカゲになり理性を失う博士。

そしてピーターを見つけ襲い掛かります!

何とか逃げ延びたピーターですが、地下水路に設置してきた機械でコナーズ博士にスパイダーマン=ピーター・パーカーであることがバレてしまいます。

 

〇グウェンの家

博士に襲われたピーターはグウェンに傷の手当てをしてもらいます。

 

〇翌日、学校

博士はトカゲの姿で学校にいるピーターを襲いに来ます。

f:id:labra0403doll:20170404215918p:plain

図書室にスタン・リー。

f:id:labra0403doll:20170404215943p:plain

 

グウェンの助太刀もあり難を逃れたピーターは博士を元に戻すためグウェンにオズコープ社で血清を用意するよう頼み、彼自身は地下水路にあるコナーズ博士の実験室で博士がオズコープ社にある噴霧器でトカゲになる生物剤を街全体にまこうと計画していることを知ります。

 

〇路上

オズコープ社へと急ぐトカゲは途中警官隊に襲われますが、再生能力で形勢を逆転し生物剤を散布、警官隊をトカゲに変えながら噴霧器にどんどん近づいてきます。

この騒ぎで出てきたスパイダーマンをなおも捕まえようとするステーシー警部は、ついにピーターの正体を知ることになりますが、グウェンがオズコープ社にいてトカゲに襲われるかもしれないから助けたいと言う彼を見逃してやります。

f:id:labra0403doll:20170404220818p:plain

しかしその際にほかの警官に足を撃たれてしまうピーター。

オズコープ社はまだまだ遠く、不安に襲われたとき…橋の上で助けた父親がクレーン操縦士の仲間に声をかけオズコープ社までのクモ糸用の”道”を作ります。

気力を取り戻し、オズコープ社に急ぐピーター。

 

〇オズコープ社

グウェンが血清を完成させますが、トカゲが近づいています。

隠れるグウェン。

トカゲはオズコープ社のてっぺんに設置された噴霧器に生物剤をセットします。

噴霧まであと2分というところでピーターが到着し戦闘になり、ステーシー警部もかけつけピーターを援護します!

ピーターはてっぺんの噴霧器にセットされた生物剤と血清を入れ替えようとしますがそれを妨害するトカゲ。

ステーシー警部がトカゲの時間稼ぎを申し出ますがやられてしまいます。

てっぺんのピーターめがけてやってくるトカゲ。

ギリギリですり替えられた血清が街中に降り、博士や警官隊も人間に戻っていきます…。

f:id:labra0403doll:20170404221243p:plain

理性を取り戻した博士にビルから落ちそうになっていたピーターは助けられますが、ステーシー警部は「君は正しかった。でも、今後グウェンには近づくな」とだけ言い残し死んでしまいます…。

 

〇ピーターの家

騒ぎを聞いて心配していたメイおばさんのところへ帰り、あたたかく迎え入れられるピーター。

その後もステーシー警部の言いつけ通りグウェンを避けて暮らすピーターでしたが、「守れない約束もある」といってグウェンとの関係をもとに戻すのでした…。

f:id:labra0403doll:20170404221601p:plain

原作ではどんな感じ?

グウェン・ステーシーは”スパイダーグウェン”として活躍しています。

マーベル・ツムツムにも出ているしそこそこ有名かも?

スパイダーグウェンが主役のコミックが最近アメリカで出たばかりだそうです。

f:id:labra0403doll:20170404221856p:plain

コナーズ博士のリザードはこんな感じです。

映画中じゃリザードではなくただの”トカゲ”と呼ばれていますが…。

f:id:labra0403doll:20170404222154j:plain

f:id:labra0403doll:20170404222205j:plain

最後に

スパイダーマンのコスチュームはシリーズによって変わっているんですが私はこのアメイジングシリーズのトーン暗めのコスチュームが一番好きです。

シビルウォーのはちょっと目が真っ白だったり色が派手で目立つけど、大人っぽくないというか…。(※個人の見解です。スミマセン…)

みなさまはどのスパイダーマンがお好みですか?